« コンパイラの最適化に嵌った | トップページ

2014年6月19日 (木)

FM3をトラ技ARMライタでデバッグ

IARさんの統合開発環境Embedded WorkbenchがGDBサーバに対応しているので自作のFT2232JTAGやFM3-USB-STICKのJTAG部分を使ってデバッグ可能ですが,割り込みを入れると変なところにジャンプしてしまいデバッグ出来ません.
Embedded WorkbenchはCMSIS-DAPにも対応しており,SK-FM4-U120-0B560はCMSIS-DAPが載っているのでこれを使うと割り込みも正しく動作します.
FM3もCMSIS-DAPでデバッグしたいと思い,トランジスタ技術2014年3月号の「トラ技ARMライタ」にCNSIS-DAPを書き込んだらデバッグ出来ました.

Rimg0131_3

« コンパイラの最適化に嵌った | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591913/59841167

この記事へのトラックバック一覧です: FM3をトラ技ARMライタでデバッグ:

« コンパイラの最適化に嵌った | トップページ